最新記事一覧

デザインを学ぶには

教室

学校の選択

デザインを学ぶ方法はいくつかありますが、すでに社会人となっており限られた時間の中で学びたいといった場合には、夜間の専門学校というのもひとつの選択肢になります。夜間部を設定している専門学校の場合には社会人を対象に教育を行いますから、限られた時間の中で効率よく学べる集中型のカリキュラムが用意されています。また夜間部といっても専門学校ですので業界への就職サポートもしているのも専門学校へ通うメリットといえます。夜間でも昼間と同じ内容の教育を受けることができます。デザインを教える専門学校のカリキュラムとしては、センスを学ぶというよりは、業界で必要とされる知識を学ぶことが中心です。基本的なものは視覚伝達のための構成基礎、印刷メディアとWebデザインの基本的な知識と技術などです。視覚伝達では、構図や配色などの知識を学ぶことで、不快感を与えない方法などを学ぶことができます。一方で現在のデザインではデザインしたものは紙のメディアばかりではなくテレビやパソコンで見ることも多くあります。このような場合には印刷と画面越しに見るのとでは印象が大きく変わりますから、その違いについても学ぶことができます。夜間専門学校を選ぶポイントとしてはカリキュラムや就職サポートが充実している専門学校を選ぶことも大事ですが、社会人として働きながら通うといった場合には、通いやすい場所に教室を開設しているところを選ぶことが重要です。